ウイルス対策について

 

患者さまのお身体をあずかる治療院としては当然のことですが、インフルエンザや新型コロナウイルスの流行とは関係なく、みどりの森では普段から館内の衛生管理対策に力を入れています。しかしながら、新型コロナウイルスの感染により、ご来館を心配する患者さまもおられます。そのお気持ちは私たちにも分かります。そこで、少しでも安心して当館をご利用いただけるよう、普段の取り組み+新たに加えた衛生管理対策についてご紹介をしたいと思います。

 

まず基本的なことですが、患者着や枕カバーなど、患者さまが直接触れるものについては、お一人のご利用ごとに取り替えをいたします。使いまわしはいたしておりません。また、みどりの森のメインの治療である鍼は、滅菌消毒された使い捨てのものです。鍼を置く鍼皿についても使い捨てのものですので、こちらも使いまわしはなく、施術毎、常に新品を利用しています。これらの取り組みは、治療院としては当たり前の対応であり、今さらお伝えするようなことではありませんが、念のためにご説明をさせていただきました。

 

施術室それぞれにプラズマクラスター搭載のシャープ製空気清浄機を備えています。この機種は加湿機能もあるため、室内の乾燥を防ぐことにより、ウイルス感染予防に効果が期待できます。

みどりの森で利用しているすべてのエアコンが、プラズマクラスター、もしくはプラズマ発生機能を装備した機種になります。直接的なウイルス感染予防にはなりませんが、クリーンな空気を循環させることによる感染予防効果には、ある程度の効果が期待できます。さらに、みどりの森では各部屋に熱交換式の24時間換気装置を装備していますので、窓を開けなくても常に新鮮な外気を取り込める環境となっています。

 

主には私たち施術者が利用するための備品である手指消毒液ですが、患者さまも気軽にご利用いただけるよう、玄関にも常備することにいたしました。風邪気味の患者さまには入室前に消毒をお願いいたします。

 

また、ドアのノブや手すりなども清潔を保つよう、わたしたちは常に努めております。

こちらも既に開院当時からの取り組みです。お手洗いには「まめぴか抗菌プラス」を常備しています。トイレットペーパーにひと吹きするだけで、便座から床まできれいにできる優れものです。トイレットペーパーがボロボロになることも防ぎ、使い終わったらトイレに流すことも可能なので、ぜひトイレに座る前にご利用ください。気になる方は、便器内にシュッとしていただければさらに安心ですね。

 

なお、患者さまのトイレのご利用があった場合ですが、次の患者さまをお迎えするまえに、みどりの森では必ずスタッフがトイレの清掃を行っています。その際、もちろん便座はまめぴかで拭いています。この取り組みも、開院当初から行っているものです。

最後に新たに導入した装備をご紹介します。業務用のオゾン発生器を施術室に導入いたしました。空間除菌において、オゾンが効果的ということは知られています。残念ながら新型コロナウイルスに対する実証はまだですが、インフルエンザなどの流行もあるわけで、備えておいて損はないと導入に踏み切りました。

 

みどりの森で導入した機器は、オゾンの発生量をきめ細かくコントロールできる日本製の機種です。オゾンが高濃度になり過ぎると気分が悪くなる方もおられるとのことなので、快適空間を守るためにも信頼あるメーカーの高性能機種を選びました。万が一、オゾンの匂いなどが気になる場合には、ご遠慮なくお申し出ください。

 

なにか不安なことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。